レギュラーコーヒーとインスタントコーヒー

subpage01

レギュラーコーヒーは、お湯で淹れるコーヒーというざっくりとした意味しかご存知のない方も多いのではないでしょうか。

それも間違いではないのですが、実はインスタントコーヒーと区別するために生まれた言葉なのです。
インスタントコーヒーは、コーヒー豆か抽出したコーヒーを乾燥させたものです。粉末状にしてお湯に溶かすだけで飲める便利なインスタント食品です。

一方、レギュラーコーヒーは、コーヒーから抽出したコーヒーをそのまま楽しみます。


レギュラーコーヒーはインスタントコーヒー以外の、全てのコーヒーの飲み方の総称なのです。

ちなみに、和製英語ですので海外では使えません。
それぞれのコーヒーにメリットとデメリットがあります。

インスタントコーヒーは、手軽ですぐに飲め、コストが安くゴミがでないのが魅力です。

しかし、最近では美味しいものが販売されるようになりましたが、それでもレギュラーコーヒーの味には勝てません。


レギュラーコーヒーは、淹れるのに手間がかかり、毎回フィルターなどのゴミがでます。

レギュラーコーヒー情報を調べられるこのサイトはオススメです。

コストもインスタントコーヒーに比べれば高くなりますが、それを差し引いても、味と香りは圧倒的に軍配があがります。

livedoorニュースサイトを見つけることができました。

抽出している間の時間も楽しめます。



コーヒーは嗜好品ですので、味をとるか手間をとるかはそれぞれです。また、インスタントコーヒーの方が好きだといわれる方もいらっしゃるでしょう。
ライフスタイルにあわせて、コーヒータイムを楽しんでください。